↑トップへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2015年07月03日

早くも孤独を感じている話


私が最近まで働いていた職場を退職してから約一ヶ月半が経過しました。
もうタイトルそのまんまなんですが、今、とにかく孤独を感じています
全然結果もだしてないのに、気持ちはしっかり個人事業主ですね。


今までは同じ仕事をしている人が上司や先輩、同僚といった形で周囲にいたので、物事を聞くことも相談して一緒に決めることもできました。
でも今はそうはいきません。
やりたいこと、やらなきゃいけないだろうことがたくさんある中で、まず何から手を付けるべきか、どういう流れで進めていくべきか、誰にも相談できません。
全部自己責任で決めていくのです。
仕事を進める上での話でなくとも、単純に自分のやっている仕事の話をできる人がいないというのは結構さみしいものです。
話題が半分以下に減ったような気がします。
人によっては本当にしゃべることがなくなっちゃうんじゃないかとすら思います。
まあ、そもそもしゃべる相手自体が減るんですが…。


そんなこんなで、個人事業主・フリーランスの方は孤独だとよく言われています。
最近読んだこちらの記事がすごくイメージしやすかったです。


起業家(会社経営者、個人事業主含む)は孤独である、と。
そう、大抵の場合周りの人々には

「どうして独立なんかするの?」

という部分が理解される事はない。

「なぜ安定の会社員をやめるの?なぜ会社員のままじゃいけないの?」

と。
この春に個人事業主を始めた。仲間を失った現在、感じる孤独。 - マネー報道 MoneyReport



私もまだ結果を出してないのと個人事業主としてやっていく下地が出来上がる前に退職をしたことを除けば(結構な違いですが)個人事業主として独立した人たちとあまり変わらない状況にいるのではと思います。
まあそもそも就職をしていないっていう大きな違いはありますが。

それでも会社に属することを選ばなかったという点では共通していると思います。


記事内に引用されている別記事の引用にもありますが、こういう生き方は本当にあまり理解されないんですよね。
今やっていることをほかの人に話すと、大体の人は「へー…そうなんだー…うまくいくといいね^^」ってなります。
そして親切な方や親身になってくれる方ほど早く就職したほうが良いよってアドバイスをくれるのです。
あまり反対派がいないという点では私は恵まれていますが、それでも不安とかさみしさに押しつぶされそうになる時はありますね。
私の親は「好きにやったらいいけど、お金なくなったら就職でもなんでもして稼いでね」というスタンスですが、本心では早く就職して安心させてほしいという気持ちが言葉の端々に表れていますし、ぶっちゃけ私のことは働く気力を失ったニートだと思っています。


成功しないと理解は得られないって聞いたことがありますが、その通りなんでしょうね。
親がこの前職場の人に「お子さんは今何してるんですか?」って聞かれて、答えられなくて濁して帰ってきたそうです。
胸を張って言えなかったのは私が結果を出してないからですよね。
周囲を安心させるためという理由で自分のやりたいことを脇に置いて就職をすることはありませんが、早く周りの人たちを安心させてあげたいものです。
そのためには、とにかく少しずつでも進んでいくしかありませんね。
自分の弱点にまっすぐ直面するので大変な道のりです。
とりあえず私は物事の優先順位を付けられるようになるところから始めないと…。


スポンサーリンク

スポンサーリンク
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
posted by あらいぐま at 03:35 | 考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。