↑トップへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2015年06月28日

効率の良い読書法はないものか


こんにちは。
ここ最近、本を読むスピードが格段に落ちました。
というのも、本の読み方を変えたからです。
私はもともと読むスピードが早いタイプで、読んでいる最中は話の内容をちゃんと理解しているのですが、読み終わった瞬間に満足してほとんどすべて忘れてしまうのです。
それではさすがに読書する意味がないなと思ったので、今は大事だと思ったところや実践したいアドバイスなどをメモに取りながら読むようになりました。
これなら読み終わった後の書籍も処分できるし、取りこぼしもなくなるかなと。


で、とりあえず1冊メモを取りながら読んでみたところ、下記のような所感が得られました。

・読むのが遅くなった
  →2〜3日で読める本が1〜2週間かかった
・読むのが大変になった
  →メモを取らなきゃと思うとなかなか手が伸びない
  →メモを取れる環境でなきゃ読めない(電車の中とかで読みづらい)


…あれ、逆効果じゃね?
インプットって大変なんだな…。


逆にメリットとしては、自分にとって重要な部分がまとまったメモが手元に残ったことですね。
予想通り読み終わった瞬間に内容をほとんど忘れてしまいましたが、200ページ分くらいあった情報が10ページ前後くらいの量にまとまっているので、見直しが簡単です。
自分が知っている内容や不要だと思った部分は省いてあるので、無駄がないのもいいところです。
まだ慣れていないのでこんな量になっていますが、多分もっと減らせるようになるでしょう。
200ページくらいある本の中をもう一度ペラペラめくって見直そうとは多分思わないので、本当に内容を身に付けようと思ったらやっぱりこっちの方がいいのかな、と思いました。

読むときの手間と負担だけどうにかできればもっといいんですけどね…。
ちなみにポメラ使っても大変でしたので、手書きだったら途中で挫折してたと思います。
手書きよりキーボードを使ったほうが文字が速く打てるのと、パソコンは起動するのが面倒なので、やっぱりポメラがあって良かった。(ステマ感満載)


今回の読書に時間がかかったせいで積読が増えてしまったので、これからこつこつ消化していきたいと思います。
連日のPC作業や読書で首がこりまくっているので、首こり解消法もやろうかな。
では。
スポンサーリンク

スポンサーリンク
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
posted by あらいぐま at 18:54 | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。