↑トップへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2015年06月08日

親と同居してる人は注意!退職後の国保切り替え手続き


こんにちは。
仕事を退職して社保の資格を喪失したので、今日は国民健康保険の加入手続きをしに行ってきました。
結論から言うと持ち物はそろっていたのに手続きを完了させることができませんでしたので、今後のためにもまとめておくことにします。


持って行ったもの


・被保険者資格喪失証明書
・身分証明書(免許証を持っていないので顔写真付き住基カード)
・印鑑


資格喪失証明書は退職した会社から発行してもらっていたものです。
同日に国民年金の加入手続きも行う予定だったので、これに加えて年金手帳も持っていきました。
私の場合、上記のうちで国民健康保険の加入手続きに必要だったものは被保険者資格喪失証明書のみでした。
記入した書類には捺印箇所がありましたが、「自署なので大丈夫です」とのことで、結局印鑑は使いませんでした。
身分証明書も提示しませんでしたが、場合によっては必要になるのかもしれませんね。


手続きは区役所で


保険の切り替えは役所で行うことができます。
私は横浜市神奈川区民なので、神奈川区総合庁舎へ行きました。

神奈川区総合庁舎.jpg
月曜日は混むとのことなので、開庁と同時に乗り込んできました。

開庁時間を狙っていくと区役所内ではあまり待たないのですが、そこに行くまでの電車がぎりぎり通勤ラッシュの時間帯でしたので、混んでる電車が嫌いな方は別の時間帯に行ったほうがいいかもしれませんね。


手続きの流れ


区役所の国民健康保険を取り扱っているところへ行き、番号札を取り、そこにいた職員の方から渡された書類を記入し、順番が来たらカウンターで別の職員の方に書類を提出して処理をしてもらう。
これだけです。
問題がなければその場で保険証が発行されるはずなのですが、後述の理由により本日受け取ることができませんでした。
ちなみに質問があればここで伺うことができます。


「世帯主様の加入している保険を教えてください。」


カウンターにつき、書類を提出し、これで終わると思っていた矢先にこのように職員の方に聞かれました。
私は親と同居しているので世帯主は父親です。
父親の保険は社保であることしかわかりません。

私「社保だとは思うんですが…それ必要なんですか?」

職員「世帯主様がもし特定の健康保険組合に加入されていた場合、同じ保険に加入していただく必要があるので、必ず確認をさせていただいています。今お電話とかで聞いていただくのは難しいですか?」

私「難しいですね。」

職員「ではご記入いただいた書類はお預かりいたしますので、ご確認いただいて後ほどお電話いただければ郵送で国民健康保険証をお届けします。」

私「はあ、わかりました。」


聞いたところ、別に横浜市神奈川区だけでなく全国的にこれは確認をしているとのことでした。
HPにはそんなこと(世帯主の保険の情報が必要であること)は書かれてないんですが、私のような人はあまり想定されていないということなんでしょうか。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kokuho/todokede.html

かくして私は保険証を手にすることなく区役所を後にしたのでした。


まとめ


世帯主でない方が会社を退職し社保から国保に変更の手続きをする際は、被保険者資格喪失証明書等の必要なものを持っていくのはもちろん、世帯主の加入している健康保険組合も調べていくといいでしょう。
もう一度区役所に行く必要こそないものの、やはり手間が増えたなという感じがします。
保険証は書留で届くそうなので、受け取るために家にいないといけませんしね。


ちなみに国民年金の加入手続きのほうは、問題なく年金手帳で手続きが完了しました。

この記事が私と同じ状況にある方の助けに少しでもなればいいなと思います。
それでは。
スポンサーリンク

スポンサーリンク
にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
posted by あらいぐま at 22:45 | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。